FC2ブログ

ぼろん太君へのコメント

数日、blogを休ませていただきました。
仕事は山盛り、保護関係でも事故にあった猫の対応やなんやら
家の猫たちも通院したりなんだり・・・(ちょっとお腹を壊し)

そんなこんなでしたm(_ _)m


ぼろん太君へコメントをいただいておりますので
遅ればせながら公開させていただきます。


17/12/21 tamagowa 様

ご報告ありがとうございます

ぼろんた君は遠い北の地で暮らしていたのですね。
ぼろんた君に引付けられた最初の理由は掲示板での彼のあまりに狷介(けんかい:孤高で超然としている様)な風貌です。
しかし今回のご報告の様子からも里親様ご家族の深い愛情に支えられ変わっていったことがよくわかりました。
この写真も亡くなる数時間前のも、見つめる目には幸せを感じます。
心に多くを語りかけてくれるのです。
改めて関係者の方々に深く感謝します。


高木 様

お年玉

ぼろんた君のお墓参りの記事を掲載してくださりありがとうございました。

最初のお正月、ぼろんた君にSさんのお母さんがあげたお年玉の袋に達筆かつ優しい字で「ぼろんた君」と書いてありましたね。
あれを見た時に、なんとも言えない温かさを感じ、ぼろんた君良かったねーと思ったのです。
そして今年のお正月でしたっけ。
またぼろん太君はお年玉をもらって、そうしたら今度は「ぼろんた」と呼び捨てで書かれていました。
ぐっときました。
Sさん、Sさんのご家族とぼろんた君と、お互いの思いが通じていたのだなあと。
今も心に残るぼろんた君のお年玉です。

tamagowa 様
喬木 様

こんばんは。
コメントをありがとうございましたm(_ _)m

ぼろん太君は、自分の猫生を精一杯生きていったのだと思います。

沢山のエピソードがあるのですが
今は、上手く言葉に出来ません。

DSCN0141_2014030320253881e.jpg

ぼろん太君は、ある地域のボスだったのです。

家にいる時は、バイクの音が怖くて
室内にいても慌てて逃げるくらいでした。

猫は外で暮らすのが幸せだと言い切る方がおられますが
本当にそうなのでしょうか?

私は、そうは言い切れないと感じます。

地域のボスという猫達に関わり
そう思うのです。


DSC_5548_201706111705597a9.jpg

ミーシャちゃん里親募集中 ← クリックでご覧下さいm(_ _)m

IMG_4994.jpg

サンキャッチャー作製会&猫カフェのご案内  ← クリックでページが開きます

*材料費を抜いた残りは保護費として使わせていただきます

お申し込みの方は下記をご覧の上
コメント欄の「管理者のみ表示」にチェックを入れて連絡をお願い致します。

こちらも宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
↑ポチッと宜しくです♪



↑ポチッと宜しくです

【theme : 里親募集
【genre : ペット

ぼろん太君のお墓参り

先日、ぼろん太君のお墓参りに行く事となりました。

年末という事もあり
各人の予定の調整が難しかったのですが

Sさんからの希望で、ぼろん太君の
保護主であり、保護費用を全て持って下さったレイコさんと
私で出かけました。


ぼろん太君の行き先は
新幹線で行くような、東京からは離れた場所です。

私達の予定もあり、現地到着は、お昼前となりました。


ぼろん太君の里親様であるSさんが
ランチの予約を入れて下さっていたお店へ向かいました。

お店の前には、可愛い石の置物があり
それを撮影する私達。

お店の写真を撮らないとね・・・(^_^;)

DSCN9733_2017121811445832c.jpg

個室を用意して下さったので
ぼろん太君の写真立ても置く事ができましたよ(^-^)

写真はテーブルの上にあったのですが
部屋のデザインで写真が赤くなるので撮影はしませんでした。

DSCN9737_20171218114500c4c.jpg

とてもボリュームのあるお料理で
驚くばかりです。

DSCN9738_20171218114500e48.jpg

写真上部に、ぼろん太君の写真立てが少しだけ入っております。

DSCN9739_201712181145023c9.jpg

Sさんは、ぼろん太君が生前興味を持ったという
お魚料理を。

DSCN9740_2017121811450359d.jpg

食後、ぼろん太君が埋葬されている所へ案内してもらいました。

ペット霊園ではない為
写真・場所公開は自粛させていただきますm(_ _)m


私達が来るとう事で、Sさんのご家族も集まって下さり
生前のぼろん太君の様子を聞かせていただく事が出来ました。


ご実家で皆さんのご飯の準備中。
テーブルを占領してしまうぼろん太君

先にご飯をある程度あげると
ソファーへ移動していったそうです。

皆とご飯を食べたかったのでしょうね。


Sさんが出張の時は

ご家族が来て下さったり
ご実家に預けられたり

という生活をしていたそうで

最初の1日目は、きちんと挨拶に来るのに
連泊していると、挨拶が無かったり(^_^;)

外に来る、鳥や流れる木の葉を窓から見たり

毎日の些細なエピソードを、沢山記憶して下さっておられました。


猫は、色んな所で里親募集しているのに
なぜ、東京という遠くから、それもダブルキャリアの猫を・・・
と、最初に思われた方もおられたそうですが

ぼろん太君に会って
それがなぜかがわかったそうです。


そんなお話を
1000枚を越える、ぼろん太君のアルバムを見せてもらいながら
聞かせていただきました。

甥っ子さん、姪っ子さんのぼろん太君を送る言葉も読ませていただきました。

ぼろん太君が、大事にしていたご家族への気遣いも知る事が出来ました。

レイコさんは、泣き続け
ご家族も、思い出を語る事で涙しておられました。

生前のぼろん太くんの様子を聞かせていただき
ぼろん太君が、どれだけ皆さんに愛され、大事にされているかがわかりました。


闘病に関しては
辛い治療をかしてしまった後悔

何か出来る事があったのではないか?
という後悔が

どの方にもあるのだと思います。

それは、闘病する家族を持っている方
共通の思いだと思うのです。

後悔しない方の方が少ないのではないか?と思います。

私とレイコさんからしてみれば
ぼろん太君は、十分な事をしてもらい

三年弱とはいえ
ぼろん太君が希望していた、人間と暮らす
「家猫」としての猫生を十分、楽しく過ごしていったのだと思うのです。

埋葬されるまでの二日間
ぼろん太君は、父様のお布団で一緒に寝ていたそうです。

人間と一緒に暮らし
一緒に近くで眠りたい

そんなぼろん太君の希望はかなえられたのだと思います。

どの猫も唯一無二の存在だと私は思います。
どの猫も、ぼろん太君の代わりは出来ないんです。

そんなとても大きな存在で
ご家族の中に大きな物を残したぼろん太君でした。


そんな名残惜しい時間でしたが
私達の帰る時間が近づき、夕方においとまさせていただきました。

DSCN9743_20171218114505e28.jpg

DSCN9745_20171218114506b0a.jpg

辛すぎて載せられなかった
Sさんとのラブラブ写真を掲載します。

image2_201712181213348ef.jpg


image3_20171218121335187.jpg


DSCN99972.jpg

ミーシャちゃん里親募集中 ← クリックでご覧下さいm(_ _)m

IMG_4994.jpg

サンキャッチャー作製会&猫カフェのご案内  ← クリックでページが開きます

*材料費を抜いた残りは保護費として使わせていただきます

お申し込みの方は下記をご覧の上
コメント欄の「管理者のみ表示」にチェックを入れて連絡をお願い致します。

こちらも宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
↑ポチッと宜しくです♪



↑ポチッと宜しくです

【theme : 里親募集
【genre : ペット

ぼろん太君

こんにちは。
コメントを書いて下った方がおられましたので
そちらを掲載させていただきます。


tamagowa 様

何かのきっかけでこのブログとぼろんた君(募集の頃から)の知った者です。
ついこの間も元気な様子が届いていたのに突然のことに驚いています。最後までありがとうございました。
私の心の中にはいつまでもぼろんた君が生き続けることでしょう。

オレンジ 様

ぼろん太くん 最後までよく頑張りました。もう少し家族と一緒にいたかったかもしれないけど、最後は幸せな猫生を送れてよかったと思います。

のっち 様

ぼろん太くん、おつかれさま、がんばったね。
Sさんも、おつかれさま、ありがとう。

高木 様

偶然こちらのブログを知って、ぼろんた君の募集の頃からファンでした。
家には女の子が3匹いますが、好みのタイプの男子はぼろんた君と、つい先日も友人にこちらのサイトを紹介したばかりです。
最期の写真見せてくださってありがとうございます。
とてもしっかりしたぼろんた君らしい立派な姿ですね。
ぼろんた君、善い方々と巡り合えてよかったね。
ゆっくり休んでね。


こちに来て下さる方の多くが
ぼろん太君を知っていて応援し続けて下さっている方々だと思っております。

コメントをありがとうございましたm(_ _)m


私の気持ちとしての話しを聞いて下さい。

S様は、ぼろん太君を大事にして下さり
必要な医療を適切に受けさせて下さったと思っております。

難しい選択に悩みながらも
答えを出してから私達に連絡を下さいました。

ぼろん太君を、大事に思っていただいただけで
私達には十分すぎる思いで

短かったかもしれないけど、大好きなS様家族の元で
安心した毎日を暮らせていた、ぼろん太君は幸せだったと思います。


早すぎる旅立ちではありましたが
それは、保護当時のぼろん太君の顔の変化から見て
誰もが理解出来る事だと思っております。


再度、保護時のぼろん太君

保護時、ぼろん太君の状況を伝える為に
保護主のレイコさんが考えてくれた文章を添えて載せさせていただきます。

DSCN9096_20131228223843d25.jpg


DSCN9100_20131228223844ead.jpg


DSCN9104_20131229150952140.jpg


DSC_1415.jpg


「<ぼろん太の気持ち>

僕は本当は人間が好きだった。おうちに居たことだってある。
でも、何回も捨てられた。
それで、がんばって自分でごはんを探したら、怒られて、叩かれて
怖い思いも、痛い思いも、たくさんした。
敵(別の猫)もいっぱいいる。負けるわけにはいかなかった。
だから、引かない僕には、顔にたくさんの傷がある。

寒い日に、人間に背中から何か冷たくて臭い黒いものをかけらた上に
敵(別の猫)に襲われて、もうだめかなって思った。
人間なんて信じないようにしてたけど、たまにごはんをくれる人の所に行ったら
あったかいごはんとミルクをくれて、あったかいタオルで背中を拭いてくれた。
だから、「おいで」って言われてキャリーに入った。

僕は本当は人間が好きだった。
おうちで、ごはんをもらって、なでてもらえるなんて、夢みたいだ。
でも、急に何かをされると「たたく?」と怖い記憶がよみがえって
びくっとしたり、あわてたりしてしまう。

病院の先生に「こんな顔して「あまえんぼう」で。」と笑われた。
だって、ずっと、甘えたかったんだもん。
まだおうちの暮らしに慣れてなくて、つい噛んでしまうこともあるけど
僕はがんばる。人間と暮らしたい。
だから、がんばる。」

レイコさんありがとう

DSC_1416.jpg

そして、人間を信じ、最後まで諦めなかったぼろん太君の勇気
そのぼろん太君を受け入れて下さったS様
大事にして下さったS様ご家族に感謝です。

S様、辛い中、私達に報告をして下さり
ありがとうございました。

image9.jpg


DSC_7228.jpg

ミーシャちゃん里親募集中 ← クリックでご覧下さいm(_ _)m

IMG_4994.jpg

サンキャッチャー作製会&猫カフェのご案内  ← クリックでページが開きます

*材料費を抜いた残りは保護費として使わせていただきます

お申し込みの方は下記をご覧の上
コメント欄の「管理者のみ表示」にチェックを入れて連絡をお願い致します。

こちらも宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
↑ポチッと宜しくです♪



↑ポチッと宜しくです

【theme : 里親募集
【genre : ペット

お知らせ

ぼろん太君が亡くなりました。
抗癌治療を行っている最中でした。

何をお伝えしたら良いのか、上手い言葉が見つかりません。
S様からの最後のメールを、そのまま添付させていただきますm(_ _)m

~S様からのメール~

ぼろん太君のことでご報告があります。
11月12日、12時30分に永眠致しました。

4回目の抗ガン剤治療の後、徐々に不調となり、10月26日病院を受診したところ、DIC播種性血管内凝固と診断されました。
先生からは状況はかなりよくないので、覚悟するようにとお話があり、一旦抗ガン剤治療を中断し、補液とステロイド、抗生剤、血栓を防ぐ注射を毎日行うことになりました。

平日の通院は母に協力してもらい、私が仕事から戻るまで自宅で面倒をみてもらう生活を2週間続けました。

初めの1週間は水も飲まず、全く何も口にしない状況でしたが、私が食事をしていたら突然反応し、食べてはくれないのですが冷蔵庫の前やごはん皿の前で催促するようになりました。

11月6日あたりから徐々に魚などを食べるようになり、キャットタワーに上がったり、帰宅時に出迎えをしてくれたり、母が料理中にはキッチンカウンターからレンジ台まで鍋を覗きにきたり、少しずつですが快方に向かっているように思っていました。

10日金曜は朝通院し、昼位に母からマグロを食べるぼろん太君の動画が送られてきて、安堵しておりましたが、帰宅すると布団から一切出てこず、今までとは違う不調な様子でした。

翌日11日土曜日、また補液と注射のために通院、帰宅後は自力での歩行が困難な程ふらつく状態になりました。

夜には自分では寝返りをうつこともできなくなり、でもおしっこはトイレでするという気力はあり、とてもがんばっていました。
その日は母が泊まってくれて、2人で介助をし、その日は3人で寝ました。
夜中も何度かトイレに行くとがんばり、本当に健気でした。

日曜も通院の予定でしたが、朝先生と相談し、もう通院はしないことに決めました。
毎日通院していたので、体内時計で病院に連れて行かれることがわかるようで、朝8時位になると、動けない体で必死に隠れようとしていました。
もう病院には行かないよと伝えると、落ち着いて横になっていました。

12日昼、私と母が見守る中、大きく息を3回吐き、亡くなりました。
金曜の夜から不調となり、日曜の昼に亡くなったぼろん太君。

私が月曜から出張の予定だったので、母に泊まってもらい面倒をみてもらう話をしていたのですが、私の予定に合わせて日曜日までがんばってくれたのだと思います。

最後までとても優しく、賢い、人の心の機微がわかるこでした。
日曜は自宅のベッドでぼろん太君と一緒に寝ました。

13日月曜の朝、母に迎えに来てもらい今は実家にいます。
私が出張がある時は実家で預かってもらっていたので、ぼろん太君も馴染みの場所です。
今日の夜、私の仕事が終わり次第、実家の庭に埋葬予定です。

一緒に暮らし始めて2年9ヶ月、本当にあっという間でした。
長生きさせてあげられなかったことは悔やまれますが、ぼろん太君と一緒に生きられたこと本当に幸せでした。
今は何をしても、何を見ても涙が溢れるばかりです。

でもぼろん太君に心配をかけないよう、笑顔で見送りたいと思います。
たくさんかわいい写真を添付したいのですが、今は選ぶことができず申し訳ありません。

これは亡くなる30分前の写真です。
意識は少し朦朧としていますが、名前を呼ぶとしっぽでお返事してくれました。

m.ivoryさん、レイコさんにはぼろん太君と出会わせていただいたこと、大変感謝しております。
ありがとうございました。

とりとめのなく読みづらい文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。


image1 (1)


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
↑ポチッと宜しくです♪



↑ポチッと宜しくです

【theme : 里親募集
【genre : ペット

ぼろん太君の写真が届きました(^-^)

ぼろん太君の写真が届きました♪

image2_20170916215936e65.jpg


image3_20170916215938597.jpg

めっちゃ甘えん坊らしい。
とても幸せそう(^-^)


DSC_7228.jpg

ミーシャちゃん里親募集中 ← クリックでご覧下さいm(_ _)m

IMG_4994.jpg

サンキャッチャー作製会&猫カフェのご案内  ← クリックでページが開きます

*材料費を抜いた残りは保護費として使わせていただきます

お申し込みの方は下記をご覧の上
コメント欄の「管理者のみ表示」にチェックを入れて連絡をお願い致します。

こちらも宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
↑ポチッと宜しくです♪



↑ポチッと宜しくです

【theme : 里親募集
【genre : ペット

フリーエリア
猫グッズ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士通ゼネラル HC-13F1A-T ホットカーペット 1.3畳用
価格:11700円(税込、送料無料) (2018/1/10時点)










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

常陸化工 流せて固まる木製猫砂 スーパーウッディー 大粒 6L
価格:548円(税込、送料別) (2018/1/10時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ CN-570 ネコの爪とぎ アイボリー
価格:1320円(税込、送料別) (2018/1/10時点)














[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

m.ivory

Author:m.ivory
Faye君♂とリュウ君♂ダニエル(ダニー)君♂テオ君♂、りんちゃん♀キャルちゃん、6匹とも里親サイト経由で家に来ました。

少しでも多くの人に里親サイトを見てもらいたいと思い、Blogを始めました。
写真ばかりで文章は少ないです(^-^)

f_2
Faye君 ♂ 3.3kg 2008・9月生まれ

ボスです。
姑息な事をするのですが、面倒見は良いです。
甘えん坊で何時も一番になりたい・・・新しい物は何でも一番に使いたがります。


turuhuka-3922
リュウ君 ♂ 4.2kg 2007・4月生まれ

マイペース。
とても甘えんぼうの時があります。
オレはたまに見えないつもり・・・らしいです。


d_2
ダニエル君(ダニー)2.8kg ♂ 2009・7月生まれ

末っ子気質の甘えん坊。
人間も大好きで膝の上から動きません。
永遠の子猫らしいです・・・

t_2
テオ君 ♂ 4.2kg 2010年9月生まれ

一匹狼で空気が読めません。
ご飯に対して執着が無く、食べなくて良いという感じで困ります。

DSCN4822_20121222000409.jpg
りんちゃん ♀ 2.4kg 2008年4月生まれ

かなり気の強い性格なのですすが、ものすごいビビリです。

DSC_29431.jpg
キャルちゃん ♀ 3.4kg 2011年8月生まれ

かな~り押しが強く、気の強いタイプ

カテゴリ
最新記事
リンク
ご案内

猫達の里親募集記事のリンクや通常のリンクは報告無用です(^-^)
*当サイトの写真の無断転載はしないで下さい。
文章や写真を含む全ての事を利用した事により、発生したトラブルには一切責任を負いません。
月別アーカイブ
検索フォーム